loader
Page is loading...
Print Logo Logo
Airplane

速報

移民法アップデート:インドからの渡航制限、生体認証要件の一時停止、H-1B訴訟の判決

ハイライト

COVID-19とその変異種の急増により、インドが米国の渡航制限対象国のリストに追加され、渡航許可を得るのは困難になっています。

米国市民権移民局(USCIS)は、2021年5月17日から2年間、一定のI-539申請者に対する生体認証(指紋)の要件を一時的に停止する見込みです。

最近の連邦訴訟の結果、誤って却下されていたH-1Bの申請が受理されます。

渡航制限や一定のビザの要件変更、H-1Bビザ抽選に関する重要な判決など、バイデン政権や米国市民権移民局(USCIS)に関連して、移民法をめぐる動きが活発になってきています。

詳しくは英語版をご覧ください。

©2021 Barnes & Thornburg LLP. All Rights Reserved. 書面による許可なく複製することを禁止します。

本ニュースレターは、法律の最新情報、動向をご案内するものであり、いかなる場合も法務サービス、法務アドバイスの意味を持つものではありません。本ニュースレターは、一般的な案内目的でのみ配布されるものですので、個々の問題については弁護士までご相談下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。