loader
Page is loading...

Alerts

10月の現状:ビザ申請に関する申請日、申請料金等に関する発表

Highlights

政府の新年度開始により、雇用ベースの申請者、特に中国、インド国籍の申請者にとってVisa Bulletinには大きな進捗が見られます。

*一部の非移民および帰化請願に対するUSCISの手数料引き上げは、2020年10月2日をもって失効とされました。

USCISは、手数料に変更はありませんが、プレミアムプロセッシングサービスの期間を15暦日から15営業日に変更しました。

政府の新年度が始まり、米国安全保障省から2020年10月Visa Bulletinが公開され、ビザ申請関連の日程、料金等に変更がありました。尚、当初の発表後に再度のアップデート(赤字部分)が加わりました。

詳しくは英語版をご参照ください。 

*Update: Federal Judge Blocks USCIS Fee Increase

On Sept. 29, 2020, a federal judge for the U.S. District Court for the Northern District of California granted a motion for a preliminary injunction against USCIS to enjoin implementation of USCIS’s new fee schedule rule and to stay its Oct. 2, 2020 effective date. Under the fee schedule rule, the filing fees for some of the most common types of nonimmigrant and immigrant petitions would have substantially increased, some by 83 percent. With the injunction in place, the change in filing fees will not go into effect while the case is pending. 

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。