loader
Page is loading...

Alerts

第5巡回控訴裁判所の反トラスト法(米国独禁法)裁判の傾向

2020年8月25日
Highlights

米国第5連邦巡回控訴裁判所で下された反トラスト法裁判の裁定によれば、米国の反トラスト法が海外での行為にも及ぶ

専門家の証言によって巨額の損害賠償が課せられ得る

命じられた支払いが莫大で支払えない場合、敗訴側が会社そのものを引き渡す可能性

1990年代半ばから、反トラスト法弁護士の間では、テキサス最高裁判所と第5巡回控訴裁判所は反トラスト法に対して敵対的と言われ、反トラスト法訴訟の原告、弁護士はなるべく他の地域での訴訟を望んできました。しかし、この傾向に変化が見られ、Hewlett-Packard Co. 対 Quanta Storage, Inc.事件に対し、第5巡回控訴裁判所は4億3,865万ドルの支払い判決を支持しました。

詳しくは英語版をご覧ください。

 ©2020 Barnes & Thornburg LLP. All Rights Reserved. 書面による許可なく複製することを禁止します。

本ニュースレターは、法律の最新情報、動向をご案内するものであり、いかなる場合も法務サービス、法務アドバイスの意味を持つものではありません。本ニュースレターは、一般的な案内目的でのみ配布されるものですので、個々の問題については弁護士までご相談下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。