loader
Page is loading...
Print Logo Logo
コンピューター

速報

自社ウェブサイトの米国議会図書館著作権侵害請求委員会への対応

ハイライト

CASE法による影響を回避するために、自社ウェブサイトの著作権を監査する必要がある。

思わぬ著作権侵害を避けるために剽窃チェックツールが有効である。

自社コンテンツをGRTXにより登録することで最適な保護を受けられる。

2020年には米国議会図書館における2つの重要な著作権に関する改正がありました。Group Registration for Short Online Literary Works(GRTX)と呼ばれる短期著作権がオンラインコンテンツ向けに利用可能になったこと、及び少額請求のための裁判所が設立されたことです。

Copyright Alternative in Small-Claims Enforcement Act of 2020(CASE法)により、米国議会図書館に著作権侵害請求委員会(CCB)が設置されます。

詳しくは英語版をご覧ください。

©2021 Barnes & Thornburg LLP. All Rights Reserved. 書面による許可なく複製することを禁止します。

本ニュースレターは、法律の最新情報、動向をご案内するものであり、いかなる場合も法務サービス、法務アドバイスの意味を持つものではありません。本ニュースレターは、一般的な案内目的でのみ配布されるものですので、個々の問題については弁護士までご相談下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。