loader
Page is loading...
Print Logo Logo
給付金

Alerts

9,000億ドル規模の景気刺激策の16の要点

Highlights

2020年12月27日、総額9,000憶ドル規模の第4次対新型コロナウイルス景気刺激策が成立。

コロナウイルス対策・救済補助法とも呼ばれるこの景気刺激策により、CARES法下の多くの救済プログラムが拡大される。

個人や企業、銀行、医療機関、部族政府、交通機関、インフラ等に対する救済助成金が支給される。

この度成立された5,000ページを超える9,000憶ドル規模の景気刺激策は、多くの企業や地域、個人にとって重要なものとなっています。

コロナウイルス対策・救済補助法(the Coronavirus Response and Relief Supplemental Appropriations Act, 2021)と呼ばれるこの景気刺激策は、新型コロナウイルス対策法(CARES法)下でのパンデミック救済プログラムの拡大や新しいプログラムの創設、CARES法可決後に判明した曖昧さや実施上の困難を解決するための修正などです。

詳しくは英語版をご覧ください。

©2021 Barnes & Thornburg LLP. All Rights Reserved. 書面による許可なく複製することを禁止します。

本ニュースレターは、法律の最新情報、動向をご案内するものであり、いかなる場合も法務サービス、法務アドバイスの意味を持つものではありません。本ニュースレターは、一般的な案内目的でのみ配布されるものですので、個々の問題については弁護士までご相談下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。