loader
Page is loading...
Print Logo Logo

速報

通商法301条に基づく対中国追加関税の適用除外に関し、USTRが意見公募を開始

ハイライト

米国通商代表部は、以前に延長された549品目の中国製品について、再び追加関税対象からの適用除外を検討するため、意見を公募することを公表した。

米国の輸入業者等の関係者は、2021年10月12日から12月1日まで、書面によりコメントを提出できます。

適用除外が復活された場合には、2021年10月12日以降の消費のため、倉庫に入庫出庫した商品に遡及的に適用されます。

米国通商代表部(USTR)は、中国産輸入品約550品目について、再び通商法第301条に基づく追加関税の適用から除外することを検討しており、50日間(10月12日から2021年12月1日まで)にわたり、意見を公募しています。

USTRは、通商法第301条に基づく対中国追加関税の調査中に、いくつかの品目につき、リスト1、2、3、および4Aに基づく追加関税の適用除外を認めました。2019年12月から2020年10月まで、リスト1から137品目、リスト2から59品目、リスト3から266品目、リスト4から87品目の除外を延長しました。COVID-19パンデミックに関連するいくつかの製品を除いて、これらの除外措置はすべて失効しています。

詳しくは英語版をご覧ください。

©2021 Barnes & Thornburg LLP. All Rights Reserved. 書面による許可なく複製することを禁止します。

本ニュースレターは、法律の最新情報、動向をご案内するものであり、いかなる場合も法務サービス、法務アドバイスの意味を持つものではありません。本ニュースレターは、一般的な案内目的でのみ配布されるものですので、個々の問題については弁護士までご相談下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。