loader
Page is loading...
Print Logo Logo
訴訟傾向


キャスリーン アンダーソン

パートナー
賃金、労働時間部門共同責任者

スコット ウィットリン

パートナー
Wage and Hour Co-Chair



キャスリーン アンダーソン

パートナー
賃金、労働時間部門共同責任者

スコット ウィットリン

パートナー
Wage and Hour Co-Chair

COVID-19に関する従業員からの訴訟についてウェビナーを開催致します。バーンズ&ソーンバーグの賃金・就労時間部門の弁護士により、最近の訴訟の傾向、またそれらの訴訟事件から理解しておくべきポイントを解説します。

概要

  • COVID-19訴訟トラッカーについて
  • COVID-19関連の従業員による賃金訴訟の傾向
  • COVID-19に関する最近の訴訟例
  • COVID-19関連訴訟から学ぶ:すべきこと、してはならないこと
  • 既に提起された訴訟、および提起が想定される、提起の恐れがある訴訟に対する戦略的対策
  • FFCRA、FMLA、ADAAAに関する具体的な注意点

ウェビナーでは質疑応答セッションを設けますので、ご質問がございましたらウェビナー又はお申込みの際にお知らせ下さい。

ウェビナーは全て英語で行われます

1.5 hours CLE credit pending. This program is valid for 1.5 PDCs for the SHRM-CP® or SHRM-SCP®

Questions? Email Siara Reyes or call 317-231-7211.

ウェビナーに関しましてご不明な点がございましたらjapaneseinfo@btlaw.comまでお気軽に日本語でご連絡ください。

最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。