loader
Page is loading...
Print Logo Logo
クレイグ・バークハート
概要

クレイグ S. バークハート
オブ・カウンセル(退職)

ワシントンD.C.

1717 Pennsylvania Avenue N.W.
Suite 500
Washington, D.C. 20006-4623

シカゴ

One North Wacker Drive
Suite 4400
Chicago, IL 60606-2833

P 202-408-6903

F 202-289-1330

概要

クレイグ S. バークハート
オブ・カウンセル(退職)

ワシントンD.C.

1717 Pennsylvania Avenue N.W.
Suite 500
Washington, D.C. 20006-4623

シカゴ

One North Wacker Drive
Suite 4400
Chicago, IL 60606-2833

P 202-408-6903

F 202-289-1330

政策、政府、政治関連の法務に長年の経験を持ち、クライアントと連邦、州政府、行政機関との折衝役を果たしている。

政策、政府、政治関連の法務に長年の経験を持ち、クライアントと連邦、州政府、行政機関との折衝役を果たしている。

プロフィール

政策、政府、政治関連の法務に長年の経験を持ち、クライアントと連邦、州政府、行政機関との折衝役を果たしている。

連邦政府との関係、連邦規制および外国人代理人登録問題でクライアントを代表している。また、選挙法を専門とし、共和党米国弁護士協会の会長を二度務めたほか、イリノイ州下院議会共和党院内総務チーフカウンセル、イリノイ州共和党法務顧問を務めた経験を持つ。トランプ大統領選挙運動、移行チーム、および2000年のフロリダ州ブロワード郡選挙でのジョージ・W・ブッシュ法務チームをはじめ、連邦、州の共和党議員候補者および組織に、法的、政治的なサポートを提供している。

米国議会、連邦行政機関、イリノイ州政府のロビー活動を専門分野とし、特にイリノイ州代表の国議会議員、イリノイ州議会議員、共和党イリノイ州知事及びその関係者に詳しい。複雑な、又はテクノロジー関連の経験、知識を要する業界に多くのクライアントを持ち、規則、規制の改正、競争率の高い多額の政府助成金の獲得、多額の財務紛争の解決等の法務サービスを行うほか、主任ロビイストとして規則、規制の改正に携わり、クライアントの経済状況を根本的に改善してきた。

2003~2006年には大統領の任命により商務省テクノロジー部門のチーフカウンセルを務め、NIST(米国技術基準局)をはじめとする連邦のテクノロジー関連行政機関で、法的アドバイスを提供する法務チームを指揮した。また、同時テロによる世界貿易センタービル倒壊、火災に関する法的調査チームを監督し、科学技術の功績に与えられるゴールドメダルを受賞し、輸出の管理、取締りを行うBIS(産業安全保障局)への法的アドバイスを担うチーフカウンセル室でもリーダーを務めた。

事務所内では弁護士倫理委員会のメンバーを務め、弁護士、クライアントに倫理コンプライアンスに関するアドバイスを提供している。30年以上にわたり、全国、地域、シカゴ地区の米国ボーイスカウト連盟でリーダーを務めている。

Professional and Community Involvement

Former leadership positions, Boy Scouts of America (BSA) local and national council; local, regional and national committees, advisory boards, executive boards

Former trustee, National BSA Foundation

Former president, Pathways to Adventure Council (Chicago and northwest Indiana), Boy Scouts of America

実績
ニュースとイベント
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。