loader
Page is loading...
Print Logo Logo
Supreme Court

速報

米国連邦最高裁判決により、被告である企業に対する対人管轄権の範囲を争点とする訴訟が増加する見込み

ハイライト

米国最高裁判所は、フォード社が問題となっている車両をどこで設計、製造または販売したかにかかわらず、原告が居住し、負傷した州においてフォード社を訴えることができると判断しました。

州外の企業を被告とする対人管轄権のルールが争点となる訴訟が今後増えることが予想されます。

最高裁判決の結論については全員一致でしたが、判決理由については分かれています。

2021年3月25日に米国連邦最高裁判所が全員一致で下した判決により、企業が所在する州以外で訴訟が提起されることが多くなると予想されます。Ford Motor Co. v. Montana Eighth Judicial District Court, et al.において、最高裁は8-0の投票により(Amy Coney Barrett判事は不参加)、フォード社の車両が別の州で販売されたものでも、原告が居住し、負傷した州の対人管轄権の対象となると判断しました。

詳しくは(英語版)をご覧ください。

©2021 Barnes & Thornburg LLP. All Rights Reserved. 書面による許可なく複製することを禁止します。

本ニュースレターは、法律の最新情報、動向をご案内するものであり、いかなる場合も法務サービス、法務アドバイスの意味を持つものではありません。本ニュースレターは、一般的な案内目的でのみ配布されるものですので、個々の問題については弁護士までご相談下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。