loader
Page is loading...
Print Logo Logo
国際貿易コンセプト

ITC(米国国際貿易委員会)に関税法337条違反として申立てをされた企業や、サプライヤーに対する337条違反の申立てを知った企業は、申立てがなされてからITCが調査を開始するまでの30日間にどのような対応をしたらよいのでしょう。本ウェビナーでは、以下を中心に、限られた時間の中で対応しなければならないポイントを解説いたします。

  • 検討すべき社内でのステップ
  • サプライヤーによる免責補償
  • ディスカバリー
  • 専門家を見つける
  • 再構築

また、これらに加え、この「嵐の前の静けさ」ともいうべき時期に、併せて取り組むべきその他数多くの問題についても掘り下げて検討していきます。

ウェビナーでは、Q&Aセッションを行います。Q&Aの際にご質問いただくか、お申し込みの際にご質問をお寄せください。

セミナーは英語で行われます。

ウェビナーに関しましてご不明な点がございましたらjapaneseinfo@btlaw.comまでお気軽に日本語でご連絡ください。

最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。