loader
Page is loading...

Alerts

カリフォルニア州で新たなプライバシー法が可決

Highlights

カリフォルニア州で、住民投票によりカリフォルニアプライバシー権法(CPRACalifornia Privacy Rights and Enforcement Act of 2020)が可決され、202311日より施行、同年71日より執行予定です。

CPRAによりセンシティブな個人情報に対する保護が強化されます。

カリフォルニア州プライバシー保護局(California Privacy Protection Agency)が新たに設立され、同法に基づく規制や執行を担当することになります。

2020年11月3日、カリフォルニア州の住民投票により、カリフォルニアプライバシー権法(CPRA)の施行及びカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の改正が可決され、事業者に対し新たな規制が課せられることになります。2023年1月1日に施行される予定のCPRAの主な内容としては、プライバシーに関する新たな執行機関の創設や、新たに定義される「センシティブ個人情報」の保護とその使用や共有に関する規制などが挙げられます。

詳しくは英語版をご覧ください。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。