loader
Page is loading...
概要

ホワイトカラー犯罪・捜査 High stakes

アメリカではホワイトカラー犯罪に対する訴追が増え続けています。ビジネスの保護、法規の遵守、コンプライアンスに加え、社員にホワイトカラー犯罪の捜査が及んだ場合は経験豊富な訴訟弁護士が不可欠です。

FCPA(海外腐敗行為防止法)違反、証券詐欺、環境問題、価格操作、メール詐欺、国家安全保障、汚職・贈賄など、多様なホワイトカラー犯罪への訴追は増大傾向にあります。社員、企業に対する取締りは強化され、起訴される刑事事件も増化の一途をたどっています。

当部門ではFBI、SEC(証券取引委員会)、IRS(内国歳入庁)、HHS(保健福祉省)、EPA(環境保護庁)、FDA(アメリカ食品医薬品局)をはじめとする全米の連邦、州、地方自治体の法執行機関による調査、捜査で自動車、航空機、教育、不動産等多様な業種のクライアント企業を代表し、また、米国及びグローバルなビジネスに向けた腐敗行為防止コンプライアンスプログラムの設定、児童安全保護法、有害物質法、毒物防止包装法などの消費者保護法に関するコンプライアンスプログラム作成、これらの違反行為を予防するトレーニング、セミナー提供等の法務サービスを提供しています。

ホワイトカラー犯罪・捜査部門弁護士等

ラリー・マッキー

パートナー
White Collar and Investigations Chair

インディアナポリス

P 317-231-7236

F 317-231-7433

タビサ・マイヤー

パートナー
コンプライアンス部門共同責任者

インディアナポリス

P 317-231-7326

F 317-231-7433

新山英隆

日系企業サービス

インディアナポリス

P 317-231-7282

F 317-231-7433

EXPERIENCE
PROFESSIONALS

{{resultSet.Title}}

{{resultSet.BioDesignation}}

{{Office.LocationName}}{{', '}}

P {{resultSet.Phone}}

M {{resultSet.Mobile}}

WANT TO GET IN TOUCH?

Contact Us
INSIGHTS & EVENTS
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。