loader
Page is loading...
Print Logo Logo
労働法

予想されていた通り、バイデン政権による法分野における変更が相次いでおり、労働法も例外ではありません。実際、大統領は就任初日に全国労働関係委員会(NLRB)の議長を解任しましたが、これは史上初のことです。この措置はすでに多くの企業に影響を与えていますが、他にも多くの変更が行われようとしています。さらに、団結権保護法(PRO Act)が議会で審議されており、大統領はこの法案への支持を表明しています。本セミナーでは、当事務所の労働法弁護士より、今NLRBで起きていること、今後数ヶ月から数年の間にNLRBに関して予想されること、PRO Actの概要、およびこの法案に関して検討すべき実践的な戦略について説明します。

PRO Actが制定されれば、少なくとも1940年代以降に成立した労働法の中で最も顕著な立法となり、現在多くの労働者が全国労働関係法の下で享受している権利の制限や排除が予想されます。2021年は労働法にとって大荒れの年となりそうです。

当ウェビナーではこの様な2021年の労働法分野における変化と展望についてお話しします。

ウェビナーはすべて英語で行われます。

ウェビナーに関しましてご不明な点がございましたらjapaneseinfo@btlaw.comまでお気軽に日本語でご連絡ください。

Questions? Email Lindsay Hulliberger or call 312-214-5661

1.5 hour CLE credit pending and 1.5 hour of HRCI credit approved. This program is valid for 1.5 PDCs for the SHRM-CP® or SHRM-SCP®.

最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。