loader
Page is loading...
Print Logo Logo
概要

マリー・ケイト パチャーツ

アソシエイト

インディアナポリス

11 S. Meridian St.
Indianapolis, IN 46204

P 317-231-6466

F 317-231-7433

ホワイトカラー犯罪の弁護、保険適用、および商業訴訟を専門としており、クライアントのニーズを理解し、複雑な訴訟問題を幅広く解決できるよう尽力している。クライアントにとって望ましい結果を得るために、前向きな姿勢と細部へのこだわりを重視している。

プロフィール

ホワイトカラー犯罪の弁護、保険適用、および商業訴訟を専門としており、クライアントのニーズを理解し、複雑な訴訟問題を幅広く解決できるよう尽力している。クライアントにとって望ましい結果を得るために、前向きな姿勢と細部へのこだわりを重視している。

答弁書、書面による証拠開示、動議の作成、大規模な訴訟ポートフォリオの作成と管理、および裁判における大量の開示証拠のマネージメントに豊富な経験を持つ。有利な紛争解決のための戦略を的確に判断し、実行するための法的調査にも精通している。

入所以前には、サマーアソシエイトおよびロークラークとしても当事務所に勤務した。また、インディアナ州最高裁判所のロレッタ・ラッシュ裁判長のもとでインターンとして働き、刑事事件移送の覚書作成、控訴裁判所の判断が判例に沿うべく判例調査を行った。また、インディアナ州南部地区連邦地方裁判所のマーク・ディンズモア判事のもとでインターンを務め、命令の草稿作成、手続き上および実体上の問題の調査を行った。

ロー・スクール在学中は、法律改正によるインディアナ州のDNA証拠を用いる手続きの近代化を促すロー・レビュー論文を執筆した。インディアナ州下院の矯正・刑法委員会で証言し、統一的なDNA証拠の保全と、有罪判決後の文脈におけるDNA検査機会の増加を提唱した。インディアナ州議会は上院法案263(2022年7月施行)を可決し、この論文で提言した案の大半が盛り込まれた。この経験により、法律家として持ち続けている「気概」と「忍耐力」の重視を再確認した。

インディアナポリス出身、余暇には旅行を楽しんでいる。大学在学中は、ハンガリーのブダペストにあるコルビナス大学で国際ビジネスを学んだ。この経験は、グローバル・ビジネスに関してユニークな視点をもたらし、多様な利害関係者と効果的にコミュニケーションをとり、複雑な問題を解決することを可能にしている。

Professional and Community Involvement

Executive committee member, Indianapolis Bar Association Insurance Coverage

Member, Indiana State Bar Association

Associate member, Indianapolis Inn of Court

Parishioner, St. Joan of Arc Catholic Church

Alumna, Phi Mu Fraternity

Honors

CALI Excellence Awards, Indiana University Robert H. McKinney School of Law, 2019, 2021

ニュースとイベント
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。 サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。