loader
Page is loading...
Print Logo Logo
デボラ・ポラック・ミルゲイト
概要

デボラ ポラック・ミルゲイト

パートナー

インディアナポリス

11 S. Meridian St.
Indianapolis, IN 46204

P 317-231-7339

F 317-231-7433

訴訟代理人として、クライアントの利益のために迅速に粘り強く行動する。各クライアントのビジネス目標をサポートするために全力を注いでいる。

プロフィール

訴訟代理人として、クライアントの利益のために迅速に粘り強く行動する。各クライアントのビジネス目標をサポートするために全力を注いでいる。

特許、トレードシークレット、商標、反トラスト法、契約等が絡む複雑な商事訴訟において、あらゆる規模の企業や個人を代理している。成功のための一つの公式ではなく、クライアントのニーズや視点を的確に捉え、優先順位をつけた独自の問題解決策を提供することに長けている。この創造性と洞察力が一番の強みである。

洞察力を生かし、国内外のクライアントの外部知的財産カウンセルとして、知的財産ポートフォリオ管理のほぼすべての側面でサポートを行っている。発明の段階から特許の保護、実施に至るまで、クライアントが知的財産の価値を最大限に発揮できるようなシステムを構築することをサポートしている。

2001年以来、化学、ソフトウェア、機械、バイオテクノロジーなど、ほぼすべての技術分野における複雑な特許訴訟でクライアントをサポートしてきた。また、インディアナ州控訴裁判所および連邦巡回区控訴裁判所などの連邦控訴裁判所において、さまざまなクライアントを代理して控訴案件を取り扱ってきた経験を有する。

約20年にわたり、攻撃側、防御側を問わず、クライアントに有利な結果をもたらす極めて重要なIP戦略を構築してきた。防御側では、クライアントの金銭的負担を軽減・排除することに努め、数億ドルの負担を軽減したケースもある。攻撃側としては、常に法的根拠があり、かつ、効果的な損害賠償理論を展開している。

訴訟、交渉、その他の紛争解決手続きでクライアントの最善の利益のために尽力する姿勢はクライアントからも高く評価されている。

長期に渡りドイツのマンハイムに滞在し、国際的なクライアントに対し、米国での訴訟や特許に関する助言を行ったこともある。特許に関するドイツ語の講演を日常的に行っており、事務所のドイツ語ニュースレター「BLIPs」の執筆者でもある。事務所のヨーロッパサービス・プラクティスグループの共同議長も務めている。様々な組織でモデレーターも務めている。

Professional and Community Involvement

Fellow, Litigation Counsel of America

Member, Indiana State Bar Association

Member, Indianapolis Bar Association

Member, German-American Lawyers' Association (DAJV)

Member, German American Chamber of Commerce

Member, German Association for the Protection of Intellectual Property

Board member, Indiana Health Industry Forum (IHIF)

Member, Plager Intellectual Property Inn of Court

Board Member, Indiana Germany Business Council

Founding member, Indianapolis ChIPs Chapter

Former board member and former president, Women & Hi-Tech

Honors

The Best Lawyers in America, 2015-2024; Lawyer of the Year, 2018, 2020, 2022

Indiana Super Lawyers, 2016-2023

Chambers USA, 2022-2023

BTI Client Service All Star, 2020

ニュースとイベント

イベント

米国

米国法務の最新動向

米国知的財産法の実務上のポイント

最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。 サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。