loader
Page is loading...
概要

ジェームス・マーディカ
パートナー

シカゴ

One North Wacker Drive
Suite 4400
Chicago, IL 60606-2833

ロサンゼルス

2029 Century Park East
Suite 300
Los Angeles, CA 90067

ニューヨーク

445 Park Avenue
Suite 700
New York, NY 10022-8634

P 312-214-4869

F 312-759-5646

概要

ジェームス・マーディカ
パートナー

シカゴ

One North Wacker Drive
Suite 4400
Chicago, IL 60606-2833

ロサンゼルス

2029 Century Park East
Suite 300
Los Angeles, CA 90067

ニューヨーク

445 Park Avenue
Suite 700
New York, NY 10022-8634

P 312-214-4869

F 312-759-5646

シカゴおよびロサンゼルス事務所パートナーとして訴訟部門に所属。医薬品・医療機器関連法務サービス部門の共同責任者を務める。

シカゴおよびロサンゼルス事務所パートナーとして訴訟部門に所属。医薬品・医療機器関連法務サービス部門の共同責任者を務める。

OVERVIEW

シカゴおよびロサンゼルス事務所パートナーとして訴訟部門に所属。医薬品・医療機器関連法務サービス部門の共同責任者を務める。

全米の連邦裁判所、州裁判所における医薬品、医療機器、消費者製品訴訟の抗弁、特に大型併合訴訟、広域係属訴訟(MDL)を専門とする。

処方箋医薬品、消費者向製品、医療機器に関する訴訟弁護士、及び原告が数千人に及ぶ全米的な併合訴訟、組織的訴訟で全米コーディネーティング・カウンセル、MDLカウンセルを務める。これらの経験から、効果的なディスカバリーを重視し、プロアクティブでプログレッシブなアプローチを取ることにより、膨大な量のeディスカバリー管理を行っている。

また、事業売買に伴うP/L訴訟デューディリジェンスに関する法的アドバイスも提供している。

製薬、細菌製剤業界関連の実績

  • 処方箋抗生剤の使用による重度の神経、血管損傷に対して全米で提起された数千件に上る訴訟で、MDLカウンセルを務め、全米的な抗弁をコーディネート。
  • フィラデルフィア大規模不法行為訴訟局における抗痙攣剤使用による出生異常に対する数百件の併合訴訟で、全米的な抗弁をコーディネート。 
  • 処方箋抗生剤使用による致命的皮膚疾患に関するカリフォルニア州での併合訴訟事件で、抗弁をコーディネート。 
  • 抗凝固剤、抗糖尿病剤、抗精神病剤、抗てんかん剤、抗生剤、その他の蛋白質結合、因子抑制の生物製剤に関する併合訴訟、単独原告訴訟での抗弁及びそのアシスト。

医療機器、消費者向け製品メーカーのクライアントに対する主な法務サービス

  • 婦人科腹腔鏡関連の訴訟でMDLを務め、医療機器メーカーの全米的な抗弁をコーディネート。 
  • 大静脈フィルター関連の訴訟で、医療機器メーカーの全米的な抗弁をコーディネート。 
  • 複数の医療機器メーカーに対するコンタクトレンズ、視覚装置関連の訴訟で、全米的な抗弁をコーディネート。 
  • 心臓カテーテルの人身事故訴訟でメーカーの全米的抗弁をコーディネート。 
  • 心臓ステント使用による全米的な人身事故訴訟でメーカーを代表。 
  • スキンケア製品メーカーのナショナルカウンセルを務める。

2016年版よりChambers USA誌P/L法務、大規模不正行為訴訟で全米部門に選ばれている。7名の弁護士からなる2017年度Law360のP/L部門編集顧問委員会、及びDRI Drug and Medical Device Committeeのメンバーである。

2004年ペンシルバニア大学ロースクールでJ.D.取得。在学中はJournal of Constitutional Lawのシニアエディターを務めた。コーネル大学化学学部卒業。

ニューヨーク州、コネチカット州、南部及び東部ニューヨーク州連邦地方裁判所登録弁護士。イリノイ州未登録。

主な著作、講演

  • “New Drug Application Conflict Preemption Defense Gains Traction in Utts” BT Product Liability Blog, February 10, 2017 (著者) *The National Law Reviewで再発行
  • “Tools for the ‘New World” of eDiscovery and Information Governance” Barnes & Thornburg CLE, December 14, 2016 (講演者) 
  • "A Practical Guide to Using Tools in the Defense Arsenal to Fight Litigation Tourism and Frivolous Litigation" ACI Annual Drug & Medical Device Litigation conference, December 6, 2016 (講演者) 
  • “Preserving the Medical Device Preemption Defense in Light of Contrary Court Decisions and a Resurgence of Off-Label Attacks” ACI Annual Drug & Medical Device Litigation conference, December 3, 2015 (パネリスト) 
  •  “How to Streamline eDiscovery” The Masters Conference, July 16, 2015 (パネリスト) 
  •  “Off-Label Treatment: Use of Cancer Drugs Outside of Conventional Trials and Government Approvals” JALBCA Symposium, November 20, 2014 (パネリスト) 
  • “The Biomaterials Access Assurance Act: An Underused Tool Against Forum Shopping” DRI For The Defense, September, 2014 (共著者) 
  • “Product Liability – Case Law Update 2014” DRI Case Law Update, 2014 (著者) 
  • “Formulating Your Device Defense from Day One: Evolving Regulations and Online Resources” DRI Drug and Medical Device Seminar, May 17, 2013 (講演者)
  • “Product Liability – Case Law Update 2010” DRI Case Law Update, 2010 (著者)
EXPERIENCE
Publications and Presentations
  • "Emerging Issue in Mass Torts," UT Colloquium on Complex Litigation, University of Texas School of Law, 2019 (Guest lecturer)
  • “Critical Complex Litigation Components,” 19th Annual Complex Litigation Symposium, 2019
  • “Complex Litigation: Ethical Conundrums,” Harris Martin MDL Conference, 2019
  • “New Drug Application Conflict Preemption Defense Gains Traction in Utts v. Bristol-Myers Squibb Co.,” Natl. Law Review, Feb. 2017
  • 'New Drug Application Conflict Preemption Defense Gains Traction in Utts' BT Product Liability Blog, Feb. 10, 2017 (Author) *republished in The National Law Review
  • 'Tools for the 'New World' of eDiscovery and Information Governance' Barnes & Thornburg CLE, Dec. 14, 2016 (Speaker)
  • "A Practical Guide to Using Tools in the Defense Arsenal to Fight Litigation Tourism and Frivolous Litigation" ACI Annual Drug & Medical Device Litigation conference, Dec. 6, 2016 (Speaker)
  • “A Practical Guide to Using Tools in the Defense Arsenal to Fight Litigation Tourism and Frivolous Litigation,” American Conference Institute Drug & Medical Device Conference, 2016
  • 'Preserving the Medical Device Preemption Defense in Light of Contrary Court Decisions and a Resurgence of Off-Label Attacks' ACI Annual Drug & Medical Device Litigation conference, Dec. 3, 2015 (Panelist)
  • 'How to Streamline eDiscovery' The Masters Conference, July 16, 2015 (Panelist)
  • “Preserving the Medical Device Preemption Defense in Light of Contrary Court Decisions and a Resurgence of Off-Label Attacks,” American Conference Institute Drug & Medical Device Conference, 2015
  • 'Off-Label Treatment: Use of Cancer Drugs Outside of Conventional Trials and Government Approvals' JALBCA Symposium, Nov. 20, 2014 (Panelist)
  • “The Biomaterials Access Assurance Act: An Underused Tool Against Forum Shopping,” For the Defense, Sept. 2014 (Co-author)
  • “Off-Label Treatment: Use of Cancer Drugs Outside of Conventional Trials and Government Approvals,” JALBCA Nineteenth Annual Ellen P. Hermanson Memorial Symposium, 2014
  • 'The Biomaterials Access Assurance Act: An Underused Tool Against Forum Shopping' DRI For The Defense, Sept. 2014 (Co-Author)
  • 'Product Liability ' Case Law Update 2014' DRI Case Law Update, 2014 (Author)
  • “Formulating your Device Defense from Day One: Evolving Regulations and Online Resources,” Defense Research Institute Drug & Medical Device Conference, 2013
  • 'Formulating Your Device Defense from Day One: Evolving Regulations and Online Resources' DRI Drug and Medical Device Seminar, May 17, 2013 (Speaker)
  • 'Product Liability ' Case Law Update 2010' DRI Case Law Update, 2010 (Author)
INSIGHTS & EVENTS
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。